road
 “ width=”1” height=”10
田舎道

遠くへ続く田舎道には、同時に過去へと続く深遠な記憶の時空が存在している。振り返ると、自分が辿ってきた時空が陽炎のように漂っているのが分かるのだ。
彼方に見える過去に戻って、もう一度その情景に埋もれたいのだが、懐かしい過去に帰る勇気がないから、視界を未だ見ぬ未来に向けているのだ。
振り返れば、私の時空間が過去へと伸びる道として見える。ひとまず安堵して前に進むのだが、何時の日かこの道を遡って過ぎ去った時空に戻ってみたい。今というこの瞬間が過去と未来、ミクロとマクロを繋ぐ接点として、私の意識は時空の点上に在る。取り巻く世界は繋がった位相差のある円環。

next - 「馬ハゼ」